全空対策7級|SUUMO賃料・設備相場チェッカーで相場を把握する

前回は、【8級】モデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)を解説した。

内見に来たお客様のココロをガッチリつかむためにも、1部屋だけでいいのでステキな空間にしておきたい。

そこで、新築分譲マンションのように高く売る(貸す)ためにも、モデルルームがほしいのだ。

具体的には、インテリアのセンスに自信があるなら、自分でチャレンジしてもいい。だが、多くの人は、そうもいかない。

そこで、私が信頼する専門家を2名紹介した。二人とも多忙なので、新築計画があるなら初期の企画段階で初回相談をしておきたい。

さて、今回は、【7級】「SUUMO賃料・設備相場チェッカーで相場を把握する」を解説する。

企画の初期段階でも、賃料や設備について、不動産会社にヒアリングしただろう。

しかし、ヒアリングした時から数ヶ月もたてば、状況が変わることもある。

そこで改めてヒアリングするのも重要だが、人の意見はあくまで「事実」ではなく「意見」であることに注意したい。

そこで、この段階では、賃料などの募集条件を具体的な数字(事実)をもとに見直してみたい。

このとき非常に便利なツールが「SUUMO賃料・設備相場チェッカー」だ。
http://simmer-ex.com/L39077/b2560/1s3201

使い方はカンタンだ。自分の物件情報を登録して、類似条件を入力すると比較資料が出てくる。

その結果、家賃設定を微調整する必要があると気づくこともあるだろう。競合物件と比較してアピールポイントも見つかるだろう。

そうして、自分なりの募集条件やアピールポイントの、答えを持ってほしい。

なぜなら、次の段階で業者にヒアリングするときに、業者の意見と

自分の意見をすり合わせしたいからだ。

業者の「意見」を鵜呑みにするのは危険だ。だが、同じくらい自分の「意見」だけで進めていくのも危険だ。

やはり、現場の意見は大事なのだ。

次回は、具体的に業者にヒアリングするための準備となる【6級】「最寄り・両隣・ターミナルの業者を10社リストアップする」を解説する。

The following two tabs change content below.
不動産の勉強をしようと思っても、ブログ・YouTube・書籍・セミナー...いろいろあって、何を、どこまで、勉強したらいいのか混乱していませんか? そんなあなたにオススメしたいのが、こちらの無料オンライン講座。高額なコンサルティングや●●塾と契約する前に受講くださいね。今なら6大特典が付いています。

関連記事

  1. 全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決める

  2. 全空対策4級|募集条件を見直してマイソク・ポータルサイトを修正する

  3. 全空対策9級|入居審査の基準表を作成する

  4. 全空対策3級|スリッパを置く

  5. 全空対策七段|マイソクをリニューアルする

  6. 全空対策四段|保証書と飴を設置する

  7. 全空対策八段|仲介会社7社以上3回訪問する

  8. 全空対策九段|内覧キャンペーンをする

最近の記事

  1. その他

    屋根と雹(ひょう)
    雹(ひょう)の被害は確認しましたか?
  2. 不動産投資

    衰退・縮小
    不動産業界の中に空室問題の解決策はない
  3. 空室対策トピックス

    インターネット物件イメージ
    空室対策に無料インターネット設備は必須か?
  4. 不動産投資

    本多静六 私の財産告白
    明治25年に学ぶFIREの本質論
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科