20Stepステップコンサル

全空対策七段|マイソクをリニューアルする

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

前回は【六段】ステージングの写真で主要ポータルサイト3社に掲載する、を解説した。

意図するところは、内見者を獲得することだった。今のお客様は指名買いだ。ポータルサイトなどで気に入った物件を、現地で確認するために内見に来る。

つまり、ポータルサイト上で選ばれなければならない。となると写真は重要だ。ステージングの写真は、プロまたはセミプロに写真撮影してもらおう!!

では、今回も引き続き空室の印象を良くするノウハウを提供しよう。

【七段】マイソクをリニューアルする、だ。

写真撮影もそうだが、マイソクも管理会社によっては画一的で、はっきり言ってダサイものも珍しくない。

デザインは、

▼ランサーズ
https://www.lancers.jp/

というフリーランスのデザイナーなどが多数在籍するサービスで、コンペを行うといいだろう。

ここでは実際に活用する時の注意点を解説したい。

まずは、管理会社がそのまま使ってくれるとは限らないってことだ。会社のコンプライアンスや業務ルールなどと言われると無理強いはできない。

では、どうするか?

ステキなマイソクの活用方法は2つある。

1つは、現地に置いておくことだ。内見者はポータルサイトの写真で指名して来る。であれば、マイソクはそこまで重要ではないケースもありえる。

そこで持ち帰ってもらって、あとでゆっくり検討するときに、選ばれるための強力なツールの1つとして期待しよう。

もう1つは、管理会社ではなく仲介会社向けの営業ツールだ。

今、空き物件は山のようにあるので、空き物件をいちいち下見に行くことは、ない!! ましてや、管理物件ではないのなら、なおさら下見に行かない。

そこで、普通の物件ではないぞ!! とアピールするのに、大家がステキなマイソクを作って持ち込むことの意味は、200%ある!!

いかがだろうか。

デザイン性の高いマイソクを作る費用は、3万円程度だ。印刷なんて数千円だ。このメリット。この価値。間違いなくある。ぜひ、実践してほしい。

次回は【八段】仲介会社7社以上3回訪問することを解説する。

ステキな物件を多くの不動産会社に知ってもらって、内見者を爆発させよう!!

関連記事

  1. 全空対策八段|仲介会社7社以上3回訪問する

  2. 全空対策四段|保証書と飴を設置する

  3. 全空対策六段|モデルルームの写真で主要ポータルサイト3社に掲載する

  4. 全空対策九段|内覧キャンペーンをする

  5. 全空対策7級|SUUMO賃料・設備相場チェッカーで相場を把握する

  6. 全空対策初段|天井の照明器具とレースのカーテンを
設置する

  7. 全空対策十段|物件ホームページとFacebookページを作る

  8. 全空対策二段|エントランスまたは各玄関に花を飾る

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES