05:自然退去 VS 定期借家

定期借家契約の特徴の1つに
契約終了=退去を
確実にできることがあります。

そこで
活用方法の1つに

建て替えするときに
解体するギリギリまで貸す

ことができます。

例えば一般的に
建て替えを行うにあたり
立ち退きをするときは

まず入居募集をやめて
自然退去するのを待ちつつ
新築計画の準備を進めて

新築計画が固まり
解体時期が決まったら

立退料を支払って
強制退去をします。

なお

普通借家契約は
契約を終了させるにあたり

立退料の相場は
家賃の6ヶ月分が
目安となります。

(画像の上部の例)

 

一方

定期借家契約で
期間限定で家賃を半値で
満室経営すると
どうでしょう?

(画像の下部の例)

10倍のお金が手元に
残ることになります。

これで解体費をまかなうなど
いろいろ使えるお金になります。

 

なお

普通借家契約から
定期借家契約の
切り替えは可能です。

ただし

  • 2000年4月1日以降の賃貸借契約であること
  • お互いの合意があること

と2つの条件があります。

 

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 24:入居者に嫌がられないか?

  2. 30:結論

  3. 26:事例その2|どうせなら、やっぱり角部屋!出窓もあって明るくて開放…

  4. 28:定期借家制度改正の方向

  5. 11:なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)

  6. 08:普通借家と定期借家の違い

  7. 19:定期借家はもっと普及していい!

  8. 12:定期借家の誤解1

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES