定期借家

23:客付業者対策

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

定期借家契約は仲介会社(客付業者)…
直接お客様を現地に案内する不動産会社が

嫌がるので空室対策の妨げになる
との意見があるが本当だろうか?

確かに

客付業者は定期借家契約の
説明が面倒なので敬遠しがちだ。

だが

面倒な理由がわかれば
対処のしようもあるものだ。

以下、その対処法を開設しよう。

マイソク(募集チラシ)に記載する

まずは定期借家契約のメリット
マイソク(募集チラシ)に記載する。

そう。

定期借家はデメリットではなく
メリットなのだ。

ルールを守る入居者さんとは
再契約して長く住み続けていただくし

ルールを守れない方には
契約を終了して退去してもらう。

そのためルールを守る方ばかりなので
良好な住環境を維持できるのだ。

これは大家だけでなく
入居者さんにとっても
メリットなのである。

こう記載しておけば
客付業者も内見者に向けて
アピールしてくれる。

説明が面倒ではなく
説明したくなるのだ。

 

そのほかのポイントについては
レジュメ(画像)を
参考にしてほしい。

関連記事

  1. 19:定期借家はもっと普及していい!

  2. 07:普通借家の悪夢

  3. 16:定期借家契約締結上のルール

  4. 09:正当事由制度とは

  5. 17:普通借家→定期借家は合法

  6. 05:自然退去 VS 定期借家

  7. 21:元付業者をどう探す?

  8. 11:なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES