定期借家

29:自分で契約する方法

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

大家であるあなたが借主と直接
定期借家契約を締結することもできる。

宅地建物取引業者が
間に入らねばならない法律は
ないのだ。

 

実際

シェアハウス業界では
非業者である建物所有者が
貸主当事者として
契約実務を行う例は多々ある。

マンスリーマンション業界も同じだ。

 

では

大家が自ら契約実務を行う
メリットには
何があるのだろうか?

 

まず1つは、事務の省略化だ。

 

煩雑な重要事項説明は
宅地建物取引業法によって
業者に課せられたもの。

貸主に課せられたものでは
ないのだ。

そのため

重要事項説明や書面の交付は必要ない。

 

次に

業者を通さないで良いので
契約業務に係るコストの削減だ。

これは貸主側だけでなく
借主側にもメリットになる。

 

では

デメリットはないのだろうか?

 

デメリットとは語弊があるかも
しれないが

契約書の作成やその用意に
手間がかかることとだ。

また

当然ではあるが
契約書のミスは
自己責任になる。

 

このあたりは
定期借家制度に詳しい
不動産コンサルタントや

弁護士のサポートを受けることで
リスクを軽減したいものだ。

関連記事

  1. 26:事例その2|どうせなら、やっぱり角部屋!出窓もあって明るくて開放…

  2. 14:定期借家徹底比較!その1

  3. 18:普通借家の役割は終わった

  4. 13:定期借家の誤解2

  5. 28:定期借家制度改正の方向

  6. 23:客付業者対策

  7. 30:結論

  8. 11:なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES