20Stepステップコンサル

全空対策九段|内覧キャンペーンをする

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/226件〜・Udemy講師★4.18/1,107名〜・ココナラ個別相談★5.0/136件〜。著書/共著19冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

前回は【八段】仲介会社7社以上3回訪問する、を解説した。伝えることは次の3つだった。

  • アドバイスにしたがって変更した募集条件のこと
  • ステージング化した部屋のこと
  • その写真提供ができること

しっかりアピールして内見者を爆発させよう!!

さて、引き続き、内見者を爆発させるノウハウを提供しよう。

続いては【九段】内覧キャンペーンをする、だ。

もし、この段階で3月を過ぎていたり、空室がまだまだ多いなら、この方法でドーピング(?)することを検討したい。

ドーピングとは何か?それは内見キャンペーンだ。具体的には次の2パターンのどちらかだ。

Aパターン)

お客様を内見に連れてきたら、Amazonギフト券(Eメールタイプ)を
お客様と営業マンに、それぞれプレゼントする。
https://amzn.to/2JmTLG6

金額の目安は1000円から2000円ずつ程度だ。

Bパターン)

物件の下見に来ただけで、Amazonギフト券(Eメールタイプ)を営業マンにプレゼントする。
https://amzn.to/2JmTLG6

金額の目安は1000円から3000円程度だ。

いずれも、Amazonギフト券(Eメールタイプ)なのはメールでギフト券(ギフトコード)を送れるのが便利だからだ。クオカードなどでもいいが、郵送などで渡すことがメンドウなのだ。

さて、どちらのパターンがいいのだろう?

安心なのはAパターンだろう。だが、私はBパターンをオススメしたい。なぜなら、営業マンにあなたの物件のファンになってもらいたいからだ。

これまでの取り組みをコツコツ進めて来たなら、必ず「ファン」になってくれる営業マンは現れる。現地に来さえすれば物件の魅力にメロメロになる。

そして、ファンになった営業マンは繰り返し繰り返し、あなたの物件をプッシュして来れるようになる。

とはいえ、彼らは忙しい。下見に現地まで来るのは容易なことではない。だからこその、キャンペーンなのだ。

損して得取れ!! という言葉がある。この言葉は、今日、まさに、このためにあったのだ!!(?)ぜひ実践してほしい。

なお、キャンペーンチラシのテンプレートなどは東京大家塾の有料会員さんに提供している。

次回はいよいよ十段だ。【十段】物件ホームページとFacebookページを作ることを解説する。

関連記事

  1. 全空対策8級|モデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)

  2. 全空対策1級|悪臭がこもらない工夫をする

  3. 全空対策5級|1ヶ月以内に満室になる募集条件を5社以上からヒアリングす…

  4. 全空対策3級|スリッパを置く

  5. 全空対策三段|POPを5種類以上作成して貼る

  6. 全空対策八段|仲介会社7社以上3回訪問する

  7. 全空対策七段|マイソクをリニューアルする

  8. 全空対策五段|入居のしおりを作成して設置する

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    不動産実務検定の勉強中
    不動産投資の成功に不動産実務検定が必要な4つの理…
  2. 不動産投資ルーキー

    資産性重視の不動産投資
    今すぐ将来に向けて不動産投資に取り組むべき5つの…
  3. 不動産投資ルーキー

    お金をドブに捨てる
    不動産投資でキャッシュ・フローを捨てるべき3つの…
  4. 不動産投資ルーキー

    購入申込書(買付証明書)を出しても買えない
    購入申込書(買付証明書)1番手なのに2番手に負け…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES