20Stepステップコンサル

全空対策五段|入居のしおりを作成して設置する

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/226件〜・Udemy講師★4.18/1,107名〜・ココナラ個別相談★5.0/136件〜。著書/共著19冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

前回は【四段】保証書と飴を設置するを解説した。

意図するところは、お客様の不安を解消することだった。

確かに物件の内見には、営業マンが同行するのでお客様の不安を解消するのは彼らの仕事かもしれない。

だが、彼らは営業マンではなく案内係・受付係と思った方が良いのだった。場合によっては「セルフ内見」と言って、お客様1人で内見することもある。

これでは営業マンにお客様の不安を解消する仕事は期待できない。

そこで、大家としてお客様の不安を少しでも解消するために保証書を
貼っておくのだ。

では、今回も引き続き空室の印象を良くするノウハウを提供しよう。

【五段】入居のしおりを作成して設置する、だ。入居のしおりの例は
こちらを参照してほしい。

全国宅地建物取引業協会の冊子

http://simmer-ex.com/L39077/b2560/1s3311

大東建託パートナーズ
http://simmer-ex.com/L39077/b2560/2s3311

積水ハウスグループ

http://simmer-ex.com/L39077/b2560/3s3311

そのほかは「入居のしおり 賃貸」で検索するといろいろ見つかる。

大手管理会社だと独自に冊子を作成している。中小管理会社なら所属している協会の冊子が安く手に入る。

これらは一般的に、契約後に渡しているのだが(そもそも用意のない管理会社も多いが)募集中の部屋にも設置しておきたい。

そして、できれば物件ごとにカスタマイズされた冊子にすることがベストだ。なんなら持ち帰ってもらえるようにしてもいい。

狙いは何か?

こちらも前回同様、内見者に安心してもらうためだ。共同住宅だから
入居ルールは当然ある。だが、後出しジャンケン(?)はいけない。

確かに、細かい入居ルールがあると内見者に嫌がられる恐れがある。だが、この物件はしっかりとしたそれも常識的なルールが明確になっているとアピールできるのだ。

注意したいのは、理不尽なルールを作らないことだ。

ここは貸主と借主とで温度差があるので、管理会社や大家仲間やコンサルタントと相談してほしい。

借主にとって理不尽なルールを作るとそれこそ逆効果だ。

次回は【六段】モデルルームの写真で主要ポータルサイト3社に掲載することを解説する。

モデルルーム? いきなりなんだ? いやいや! 忘れてもらっては困る! 8級のモデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)の続きだ!(笑)

関連記事

  1. 全空対策初段|天井の照明器具とレースのカーテンを
設置する

  2. 全空対策8級|モデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)

  3. 全空対策二段|エントランスまたは各玄関に花を飾る

  4. 全空対策九段|内覧キャンペーンをする

  5. 全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決める

  6. 全空対策八段|仲介会社7社以上3回訪問する

  7. 全空対策3級|スリッパを置く

  8. 全空対策4級|募集条件を見直してマイソク・ポータルサイトを修正する

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    不動産実務検定の勉強中
    不動産投資の成功に不動産実務検定が必要な4つの理…
  2. 不動産投資ルーキー

    資産性重視の不動産投資
    今すぐ将来に向けて不動産投資に取り組むべき5つの…
  3. 不動産投資ルーキー

    お金をドブに捨てる
    不動産投資でキャッシュ・フローを捨てるべき3つの…
  4. 不動産投資ルーキー

    購入申込書(買付証明書)を出しても買えない
    購入申込書(買付証明書)1番手なのに2番手に負け…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES