20Stepステップコンサル

全空対策7級|SUUMO賃料・設備相場チェッカーで相場を把握する

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/226件〜・Udemy講師★4.18/1,107名〜・ココナラ個別相談★5.0/136件〜。著書/共著19冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

前回は、【8級】モデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)を解説した。

内見に来たお客様のココロをガッチリつかむためにも、1部屋だけでいいのでステキな空間にしておきたい。

そこで、新築分譲マンションのように高く売る(貸す)ためにも、モデルルームがほしいのだ。

具体的には、インテリアのセンスに自信があるなら、自分でチャレンジしてもいい。だが、多くの人は、そうもいかない。

そこで、私が信頼する専門家を2名紹介した。二人とも多忙なので、新築計画があるなら初期の企画段階で初回相談をしておきたい。

さて、今回は、【7級】「SUUMO賃料・設備相場チェッカーで相場を把握する」を解説する。

企画の初期段階でも、賃料や設備について、不動産会社にヒアリングしただろう。

しかし、ヒアリングした時から数ヶ月もたてば、状況が変わることもある。

そこで改めてヒアリングするのも重要だが、人の意見はあくまで「事実」ではなく「意見」であることに注意したい。

そこで、この段階では、賃料などの募集条件を具体的な数字(事実)をもとに見直してみたい。

このとき非常に便利なツールが「SUUMO賃料・設備相場チェッカー」だ。
http://simmer-ex.com/L39077/b2560/1s3201

使い方はカンタンだ。自分の物件情報を登録して、類似条件を入力すると比較資料が出てくる。

その結果、家賃設定を微調整する必要があると気づくこともあるだろう。競合物件と比較してアピールポイントも見つかるだろう。

そうして、自分なりの募集条件やアピールポイントの、答えを持ってほしい。

なぜなら、次の段階で業者にヒアリングするときに、業者の意見と

自分の意見をすり合わせしたいからだ。

業者の「意見」を鵜呑みにするのは危険だ。だが、同じくらい自分の「意見」だけで進めていくのも危険だ。

やはり、現場の意見は大事なのだ。

次回は、具体的に業者にヒアリングするための準備となる【6級】「最寄り・両隣・ターミナルの業者を10社リストアップする」を解説する。

関連記事

  1. 全空対策八段|仲介会社7社以上3回訪問する

  2. 全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決める

  3. 全空対策2級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

  4. 全空対策五段|入居のしおりを作成して設置する

  5. 全空対策9級|入居審査の基準表を作成する

  6. 全空対策三段|POPを5種類以上作成して貼る

  7. 全空対策九段|内覧キャンペーンをする

  8. 全空対策8級|モデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    不動産実務検定の勉強中
    不動産投資の成功に不動産実務検定が必要な4つの理…
  2. 不動産投資ルーキー

    資産性重視の不動産投資
    今すぐ将来に向けて不動産投資に取り組むべき5つの…
  3. 不動産投資ルーキー

    お金をドブに捨てる
    不動産投資でキャッシュ・フローを捨てるべき3つの…
  4. 不動産投資ルーキー

    購入申込書(買付証明書)を出しても買えない
    購入申込書(買付証明書)1番手なのに2番手に負け…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES