20Stepステップコンサル

空室対策6級|天井の照明器具とレースのカーテンを設置する

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の6級は、「天井の照明器具とレースのカーテンを設置する」ことです。さらに間接照明もあるとグッド!!

ちなみに、2021年12月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は2.2% でした。

6級のねらいは、光で印象を整えること。

第1のねらいは、天候の悪い日や夕方・夜間でもしっかり内見ができるようにすること。古い蛍光灯などは全て新しいものに取り替えたいものです。

第2のねらいは、部屋の印象を良くすること。レースのカーテンは、窓の向こうの雑多な風景を和らげてくれます。また、強い日差しを優しい光に変えてくれます。プラスアルファで間接照明を設置できると尚良いものです。

え? 照明は入居者の好みがあるから設置しないほうがいいのでは? ですって? そのときは取り付けた照明を撤去すればいいだけ。ムダにはなりません。なぜなら、次の空室に使えばでいいのですから。そうでなくても、わずか数千円のことをケチって、年間数十万円から数百万円の収入をみすみす逃すほうがもったいないかな、と思うのです。

これらを管理会社が対応してくれるといいのですが、なかなかそうもいかないものです。その時は大家さんが自分でやればいいだけです。管理会社に過度な期待はするだけムダ!(?) です。

このように、東京大家塾では、みんなで一緒に段位認定コースに取り組んでいます。あなたも一緒に、低予算からできる空室対策を順番に取り組んで見ませんか?

関連記事

  1. 空室対策2級|飴を設置する

  2. 空室対策初段|主要ポータルサイト3社に掲載されている

  3. 空室対策3級|保証書を設置する

  4. 空室対策五段|ポータルサイトの写真を更新する

  5. 空室対策4級|POPを5種類以上作成して貼る

  6. 空室対策八段|内覧キャンペーンをする

  7. 空室対策9級|集合郵便受けを磨く

  8. 空室対策六段|仲介会社7社以上3回訪問する

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES