3点ユニットイメージ

時代遅れの二大設備の対処法(No.17)

時代遅れの二大設備の対処法!

前回は「空室の原因とその対策2」でした。大家さん側が、貸し手市場の感覚のままでいることと、入居者層や業者スタッフとの世代間ギャップが、空室の原因となることがあります。入居者に近い世代の意見をうまく取り入れていきましょう。

さて、第17回は「時代遅れの二大設備の対処法」です。

この2大設備とは「三点ユニットバス」と「室外洗濯機置場」です。どちらも改善するには費用の問題とスペースの問題があります。さて、どうしたものでしょうか?

費用対効果を考えよう!

もちろん予算とスペースがあれば改善すべきです。

なぜなら、今となっては嫌がられる理由の上位にあるからです。そもそもネットの検索で排除されるので内覧にすら来てくれません。とはいうものの、改善に要する費用もスペースもないものです。まず考えることは費用対効果です。

例えば、200万円の投資をして、風呂・トイレ別、室内洗濯機置場の部屋にしても、居住空間が狭くなって収納もなくなってしまった部屋が、いくらの家賃で貸せるのでしょうか? 下手をすると元の家賃と同じかそれ以下になることもあります。それなら家賃を1万円下げて満室にするほうが得ではないでしょうか。こうした比較検討を綿密にすることです。

世の中には、とにかく家賃が安ければ良いという人もいます。そこで、小予算で設備の悪い面を上手にカバーする方法を取ります。例えば、3点ユニットバスなら壁一面に大きな鏡を設置したり、トイレのフタや小物にアクセントを持たせたりすることで、雰囲気を一新する方法があります。

一目でわかるようPOPを使用しよう!

次に、洗濯機置場です。

こちらは外にあるからこそ、すぐに洗濯物が干せる・湿気がこもらずに済む・こうしたメリットを訴求することです。説明漏れのないように、室内にPOPを貼ってメッセージを送ります。また、洗濯機カバーをプレゼントするのも良いでしょう。そして、デメリットを軽減するのです。

いかがでしたでしょうか。

どちらの設備も年々新しい工法や商品が出てきています。諦めずに情報収集しましょう。

次回は「相場に見合ったありきたりな部屋」になっているかのチェック項目をお伝えします。時代の変化により、入居者側の「普通」のレベルが高くなっています。あなたも「賃貸だからこの程度でいい」と考えることがありませんか?

それが空室の原因にもなっているのです。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 障がい者の入居者イメージ

    障がい者を受け入れよう(No.06)

  2. 水商売のイメージ

    水商売の人を受け入れよう(No.07)

  3. パートナー選びの基準

    パートナー選びのポイント(後編)(No.26)

  4. アパートイメージ

    空室の原因と対策 その 2(大家側の問題)(No.16)

  5. 予算の捻出

    空室対策の予算の設定方法と捻出方法(No.21)

  6. シングルマザーの入居者イメージ

    シングルマザーを受け入れよう(No.04)

  7. 注意点イメージ

    間口を広げることの注意点(No.12)

  8. パートナー選びのイメージ

    パートナー選びのポイント(前編)(No.25)

最近の記事

  1. 空室対策トピックス

    古びたキッチン
    空室対策でキッチンをどうするか間取別3つの対処法…
  2. 空室対策トピックス

    仕事に悩む女性
    空室対策に管理会社の変更は有効か
  3. 空室対策トピックス

    コンサルティング会社
    空室対策の会社選びの3つポイント
  4. 空室対策トピックス

    空室対策ミスマっチ
    空室対策のもっとも簡単な方法
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES