18:普通借家の役割は終わった

普通借家制度は
歴史的に言うと
住宅難民を出さないための
制度でした。

それも戦時立法です。

普通借家制度は
入居者保護しすぎです。

今は平時です。

普通借家制度の役割は
終わったのではないでしょうか。

 

確かに

今でも住宅弱者*はいます。
(民間の賃貸を借りにくい人たち)

ですが

住宅弱者の問題は
福祉の問題です。

小規模な大家さんが
リスクを負う問題ではないのです。

そのため

定期借家制度で
問題はありません。

 

そもそも家は余っている時代です。

大家さんとしては
契約や入居ルールを守る入居者さんに
部屋を長く借りて欲しいのです。

でも

契約や入居ルールを
守らない人は退去して
ほしいだけなのです。

 

入居者さんも
一般的に立退料目的で
賃貸住宅を借りるわけでは
ないのです。

 

両者にとって
定期借家制度は
Win-Winの
契約形式なのです。

The following two tabs change content below.
不動産の勉強をしようと思っても、ブログ・YouTube・書籍・セミナー...いろいろあって、何を、どこまで、勉強したらいいのか混乱していませんか? そんなあなたにオススメしたいのが、こちらの不動産実務検定ホームスタディー講座。大家さんに必要な実務知識が体系的に網羅されていて、理解度チェックの試験もあります。ぜひ、ご活用くださいね。

関連記事

  1. 13:定期借家の誤解2

  2. 19:定期借家はもっと普及していい!

  3. 24:入居者に嫌がられないか?

  4. 26:事例その2|どうせなら、やっぱり角部屋!出窓もあって明るくて開放…

  5. 16:定期借家契約締結上のルール

  6. 20:業者とお客様の心理を知る

  7. 05:自然退去 VS 定期借家

  8. 23:客付業者対策

最近の記事

  1. 大家の会の活用方法

    高額セミナーイメージ
    高額塾・大家塾・大家の会で注意したい5つのポイン…
  2. 不動産投資

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいは根本的に異…
  3. その他

    屋根と雹(ひょう)
    雹(ひょう)の被害は確認しましたか?
  4. 不動産投資

    衰退・縮小
    不動産業界の中に空室問題の解決策はない
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科