20Stepステップコンサル

空室対策八段|内覧キャンペーンをする

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

あなたの素敵なお部屋を、仲介会社に一度は現地に来てもらう工夫をしていますか?

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の八段は「内覧キャンペーンをする」ことです。

ちなみに、2021年12月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は2.2% でした。

八段のねらいは、四段でドレスアップした部屋を、仲介会社の営業マン(実際にお客様に提案したり案内したりする人)に、気に入ってもらい紹介を増やすことです。

そのためには、一度は現地に来てもらうことが重要です。しかし、営業マンは多忙です。そこで何かしら刺激策が必要です。

例えば「お客様を連れて内見しただけでお客様と営業マンにAmazonギフト券プレゼント」など。クオカードもいいのですが、メールでやり取り出来るAmazonギフト券は便利です。または、思い切って「下見だけでプレゼントもアリです!!

それよりも「自分の物件のファンになってくれる営業マンを見つける」ことのメリットの方が、はるかに大きいものです。し、私たちが知る限りは、こうした不正はありません。

プレゼントと言っても500円から3000円程度。あとあとトラブルになるリスクを負ってまでウソをつくには少額です。また、万が一ウソをつかれても、その損害は少額です。

それよりも「自分の物件のファンになってくれる営業マンを見つける」ことのメリットの方が、はるかに大きいものですね。

具体的には、キャンペーンチラシを作って、仲介会社の営業マンに手渡したりファックスしたりすることです。

レッツチャレンジ!!

関連記事

  1. 空室対策九段|定期借家契約について管理会社と打ち合わせをする

  2. 空室対策8級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

  3. 空室対策10級|スリッパを置く

  4. 空室対策五段|ポータルサイトの写真を更新する

  5. 空室対策四段|ステージングして写真を撮影する

  6. 空室対策初段|主要ポータルサイト3社に掲載されている

  7. 空室対策6級|天井の照明器具とレースのカーテンを設置する

  8. 空室対策二段|現在及び過去の入居者の属性表を作成し最も住んで欲しい入居…

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES