再生ビジネス入門五段|協定書を締結して役所に提出する

最終的には利害関係者全員で
協定を締結することです。

しかし

全員合意は難しいもの。

 

そこで

合意予定者だけでもいいと
役所と打ち合わせ結果が出たら

次は通路の測量と
プレート(境界標)の設置となります。

 

これで図面上も現地も
どこまでが通路となるのかが
わかるようになりました。

 

ここでようやく
協定書を締結します。

 

書式は役所から見本が出ます。

その見本をもとに
協定書を作成し
通路の図面と一体化させて

署名と実印の押印をし
そして印鑑証明書の添付をします。

必要な人数分が揃ったら
役所に提出します。

 

これで

但し書き許可の申請書を
提出できる準備ができます。

The following two tabs change content below.
不動産の勉強をしようと思っても、ブログ・YouTube・書籍・セミナー...いろいろあって、何を、どこまで、勉強したらいいのか混乱していませんか? そんなあなたにオススメしたいのが、こちらの無料オンライン講座。高額なコンサルティングや●●塾と契約する前に受講くださいね。今なら6大特典が付いています。

関連記事

  1. 再生ビジネス入門5級|不動産業者を100社リストアップする(メールまた…

  2. 再生ビジネス入門十段|売買契約を締結する

  3. 再生ビジネス入門三段|協定不成立の報告書を作成して役所に提出する

  4. 再生ビジネス入門六段|但し書き許可の申請書を作成して役所に提出する

  5. 再生ビジネス入門6級|元付業者を訪問して指値で買付証明書を渡す

  6. 再生ビジネス入門2級|DMを作成して再建築NGの戸建の所有者にDMを送…

  7. 再生ビジネス入門1級|本命物件の現地調査・役所調査を行い簡易プランを入…

  8. 再生ビジネス入門3級|役所の指定道路図から再建築NGの戸建の住所と氏名…

最近の記事

  1. その他

    屋根と雹(ひょう)
    雹(ひょう)の被害は確認しましたか?
  2. 不動産投資

    衰退・縮小
    不動産業界の中に空室問題の解決策はない
  3. 空室対策トピックス

    インターネット物件イメージ
    空室対策に無料インターネット設備は必須か?
  4. 不動産投資

    本多静六 私の財産告白
    明治25年に学ぶFIREの本質論
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科